どこがいい?エリア選びのポイントとは

住みやすい暮らしを実現させるためには、自分や家族にとって住みやすい街を選ぶことが重要です。例えば、スーパーやコンビニ、病院や銀行など、普段の生活に欠かせない施設が近くにあると、それが生活の利便性の向上に繋がります。また、通勤や通学のストレスを無くすために、公共交通機関のアクセスは必ず確認しなければならないポイントです。駅やバス停が近くにあれば、遠くに行くことが可能になるので、通勤の利便性を確保することができます。生活する上での目的や希望は、人によって大きく違います。自分の普段の生活と照らし合わせ、どんな所に住めば快適に暮らせるのか考えながらエリアを選びましょう。

土地を選ぶ時は土地の形を意識する

注文住宅は、こだわりのある自由な家づくりを実現できるのが最大の魅力。ただ、土地と言っても形は様々です。注文住宅の形は土地の形に依存するので、住みやすい住宅を建てるためには形状についてもきちんと考えて選ばなければなりません。一般的に、正方形や長方形の土地はできあがりがイメージしやすく、無駄なスペースを作ることも少ないので、多くの人に好まれます。

三角形やL字型などのいびつな形をした土地は住宅のデザインが難しいものの、変形土地は値段が比較的安く、工夫次第では住みやすさとオリジナル性をあわせもった家を建てることができます。気に入った場所にある土地がもし変形地だったとしてもすぐに諦めず、設計士と相談しながらアイデアを出し合うことで、理想を叶える注文住宅を建てられる可能性があるでしょう。

ランディ公式